日常

【手帳術紹介しました】朝カフェ女子会でお伝えした夢を叶える手帳術まとめ

こんにちは、薬剤師ライター 小野ちなつ(@darenaniwrite)です。 今日は朝カフェ女子会で手帳術の講師をさせていただきました。今回の朝カフェ女子会のテーマは「夢を叶える!手帳の使い方講座」わたしが実際に使用している手帳をお見せしつつ、夢が叶っている過程と叶え続ける方法を紹介してきました。この記事では、わたしが今回の朝カフェ女子会でお伝えした内容を紹介します。


今回の朝カフェ女子会は渋谷のAreさんで。すごく素敵なカフェでした。

朝カフェ女子会とは?

朝カフェ女子会の主催者は彩さん(@mitlilly_kkj)、なほさん(@naho_0402)。 毎回テーマが決まっていて。朝、カフェに集まってテーマに合った時間を過ごす、という朝活女子にはたまらないイベント。わたしも以前、「マンダラチャートを書いてみよう!」という朝カフェ女子会に参加させていただきました!

いろんな人の考え方に触れることができるのがすごく新鮮だった。定期的に参加したいと思うこと間違いなしのイベントです。

今回は3つの手帳術を紹介しました!

今回の手帳術講座では、主に3つのテーマでお話しさせていただきました。
1、やることリストの管理方法
2、人生のビジョンの見つけ方、見直し方法

3、目標、行動計画のPDCAの回し方 
参加者の方々がなにか少しでも持ち帰ってくれていたら嬉しいなあ…

優先順位はきっちり決めすぎない

1つ目のテーマは「やることリストの管理方法」。現在わたしはフランクリンプランナーの手帳を使っています。to doを管理する欄が設けてあるので、そこにその日にタスクを書き込んでいます。 ポイントはやるべきことを書くのはもちろん、やりたいことも全て書いておくこと。絶対その日にできないのはわかっているけどやりたいことも書き込んでいます。理由は、やりたいことを頭の片隅に置いておくことが大切かな、と思っているから。ふと目に入ったときに、スキマ時間でやってみようかな、と思ってこなせることもあるはず。

あとは、気分が乗らないときはやらないこと、気分が乗ったらやる。気分が乗らないということは、やるべき時期ではないのかな、と思っていて。どうしても雨の日とかは気分がどんよりしてしまったり。今までは「そんなんじゃダメだ」と気負っていたけど、今は流れに任せることでストレスなく毎日を過ごしています。

そして、やるべきことに優先順位を決める、これもよく言われていますよね。フランクリンプランナーでも、優先度の高い順にABCとランク付けする方法が紹介されています。わたしはその日に絶対やらなければいけないことにAをつけています。BとCはつけていません。全部やらなきゃいけないと思うと大変だけど、絶対やらなきゃいけないAが達成できたら満足、その他のことができたら大満足!という感じに達成度のハードルが下がるので満足度が上がります。

しかも、なぜか書いたことって、時間が経ったら大体やり終えてる。びっくりするくらい。書いておくだけ書いておいて、パラパラめくって目についたときにやる、とかも全然あります。

人生のビジョンは変わってもいい

2つ目のテーマは「人生のビジョンの見つけ方、見直し方法」。わたしの人生のビジョンは「女性のライフスタイルのきっかけを広げる」こと。よく人生のビジョンがしっかりしていてすごい、と言われることもあるのですが、全然そんなことなくて。このビジョンにたどりつくまでも紆余曲折あったし、これからもっと変わっていくかもしれなくて。 でも、それでいいな、と思ってます。

ビジョンを見つけたいけど、どうしたらいいかわからない人にはこの本がオススメです。


大好きな長谷川朋美さんの一冊。100の質問に答えて自分の価値観を見直すというもの。 わたしはこの本を読んで「女性のライフスタイルのきっかけを広げる」というビジョンの根本となる価値観に気づくことができた。 質問の答えは直接本に書き込むのではなく、別冊のノートに書いています。その際、質問も一緒に書いておくと後から見直しやすいのでオススメ。たまに今の自分の答えと見比べて、変化を楽しんだり。
あとは、手帳にライフスタイルの各項目の10点満点の定義を書いています。 例えば、仕事での満点の定義は 「給料が出なくてもやりたいと思える仕事だけする、薬剤師を通して毎日患者さんにきっかけをお届けする」 みたいな。この定義を決めると、仕事が義務ではなくて自分がしたくて薬剤師をしていることを再確認できる。 家族、恋愛、体型とかテーマごとに満点の定義を決める。 そして、毎朝満点の定義をサラーっと眺めています。よく目標は声に出して言い聞かせましょう、みたいなのがあるけど、なんか変な感じがするから声には出さない派。 やっぱり文章を書くのが好きなので思ったことは書き起こす方が多いです。満点の定義も徐々に変化していて、その度に書き足したり削ったりして自分の価値観を浮き彫りにしていく感じ。

そして、手帳には5年計画も書きこんでいます。30歳までにワーホリ行きたい、そのために今年何をするのか、今月何をするのか、今日何をするのかまで落とし込んで、それをこなすだけ。でもそれが一番大切で一番難しい。毎日もがきながら過ごしています。(笑)

1日の振り返りは朝にする

3つ目のテーマは「目標、行動計画のPDCAの回し方」。わたしが使っているフランクリンプランナーはバーチカルタイプなので、時間ごとのスケジュールが書き込めるようになっています。ただ予定を書き込むだけでなく、その予定を行うときにどんな風に過ごしたいのかまで書き込むようにしています。 あとはビデオを再生するような感じ。書いてある通りの1日を過ごすだけ。日常のプロになりたくて(笑)スポーツの上手い下手って、頭でイメージしたことを体で表せるかどうかの世界。イメージしたことを抜群にこなせる人がプロスポーツ選手なら、同じように頭でイメージしたことを行動する日常の世界でのプロになりたい。


手帳には1日に5行程度の日記を書いています。そこで反省や振り返りを書き込んでいます。書くことで頭がスッキリする気がして。ズルズルひきずる、みたいなのはあまりないです。こだわりは、振り返ったり日記を書くのも絶対に朝。 夜だと悪いことも浮かんでくるので。きっちり振り返りたい人はきっちり、ゆるーく振り返りたい人はゆるーく、それでいいと思っています

また、参加者の方から「小野さんは逆算型ですよね、わたしは思いついたことをどんどんやっていくタイプなので。」というお話をいただきました。たしかに2種類のタイプがあると言われていますよね。

逆算思考…最初に目標(ゴール)を具体的にイメージして、そこから現在へさかのぼって(逆算して)、その目標に到達するための手段、方法、スケジュールを考える
積み上げ思考…ゴールを明確に描くことなく、進めながら実際に積み上がったもの(積み上げた実績)が最終的な成果となる

どっちが良いとかではなく、自分が心地よい方法で手帳と向き合うことが何より大切だと思っています。

まとめ

その他にも、手帳全体の使い方、文房具の使い分けなども紹介してきました。参加してくださったみなさんの夢が叶い続ける毎日になりますように。来てくださった皆さん、そして、お声がけしてくださった彩さん、なほさん、ありがとうございました。 朝カフェ女子会、少しでも気になった方はぜひ参加してみてください〜!